2010年 09月 20日 ( 1 )

キーボード

しばらく更新が滞っておりました。お許しを。

 ノートパソコンのキーボードを引っぺがしてしまい、「ぎゃーーーっ」となっていたのは今日の午後3時ころ。

甥っ子2号のおよだ(よだれ)攻撃を食らってしまい、いつもなら、紙縒り的なものでキーボードの間を掃除するのですが、べりっとはがしたほうが早い、となぜか暴挙に出てしまいました。

反省。

 わりと昔のパソで、そういう風に掃除したほうが汚れが取れてよかったという経験があったもので、でも力技はだめですわ。

 で、2つのキーをはがしたのですが、1つはうまく復旧できたのですが、もう1つがどうにもうまくいかない。

ノートパソコンなので、キーボードは「パンタグラフ方式」になっているそうです。

キーの下に、電車のパンタグラフみたいなのがくっついておりまして、そこにシリコンゴムなどをはさみ、押下という運動でもって「この文字よっ」という指示を基盤に伝えるんです。

 そのシリコンゴムを「ラバードーム」というらしい。

d0163008_231159.jpg


確かにドームだわ。この5mm弱のものが重要なんですが、部屋中探しても、どうにも見つからない。

しかし部屋中這いつくばって、さがしましたよ。ようやく見つかったのが午後9時過ぎ。

一時はキーボードの総取替えも考えました。でも、5年落ちのノートパソのキーボードなんて、メーカーに問い合わせても、かなり高額になるだろうし、そんなら、USB接続のキーボードだけ購入しようか、と。できれば、このラバードームだけなんとか手に入れられないか、などいろいろ調べたところ、こういうパーツは基本的に小売をしないそうで、びっくりするような価格、なんなら安いノートパソを購入できるくらいのお値段になるということらしいのでそれも断念。

d0163008_2392180.jpg


 近所のホームセンターで代用品を探すところでした。

3,40分格闘したでしょうか。ようやく、収まるものが収まるところに収まり、また愛機を今までと同じように使うことができそうです。

d0163008_23102551.jpg


きょうの教訓。

狼藉はやめよう。

ノートパソのキーボードの仕組みも勉強になったし、取り外しから再設置の方法も勉強になりました。
[PR]
by mushi-1 | 2010-09-20 23:18