雪やこんこ

はい、降っております。いつもより多めに降っております。

d0163008_2143375.jpg


年明けに、「島根や鳥取で大雪が降ったのに、福井では降らないねぇ」なんて話していたのですが、降っています。はい。

 JRや私鉄が動かないので、大困り。あたくしは、徒歩圏内なので、こういうときこそ、仕事には遅れてはならないのですが、路面電車の除雪に、珍しい車両が登場していて、いいポジションで写真を撮るわけにもいかず、職場に急ぎましたのです。

 雪かきをしたあとの排雪がまた一苦労。近くの川に捨てに行くというのも非現実的で、結局かまくらのように自分の家の敷地に積み上げるしかないのです。

「雪なんか、融けるから、いいじゃない」とお思いのそこのあなた!!

雪かきをしないと、雪の重みで簡単に小屋程度なら ぷしゅっっ、ぐしゃっっとあっけなくつぶれてしまうのです。

 そして、駐車場をご覧下さい。

d0163008_21111093.jpg


d0163008_21113720.jpg


もはや芸術的な雪像のようになってしまいます。

 ワイパーは必ず上げておきましょう。凍ってしまったり、雪の重みで折れます。もっと恐ろしいのは、雪の塊と錯覚して、ブルドーザーがガリっとやってしまうことです。そうしたら、泣くにも泣けません。除雪といってもその実、ほぼ氷なので、ガツンとやっても車と雪と区別がつきません。

そして、うわさのうちの年中寒い風呂!!風呂なのになぜにこんなにガラス部が大きいのか!!

d0163008_21135042.jpg


いやちがった、屋根の雪をご覧下さい。何かおいしい食材のようにも見えますが、雪です。
この場所の雪かきが難しいのは、「雨どい」があることです。

雨どいに重い雪の塊が乗っかるともれなくばきっと、折れます。手痛い出費になります。

 いかがでしたか。興味のある方は、どうぞお待ちしています。体験雪かきできます。








「自然の力をまざまざと見せ付けられ、人間のできることといったらほんの少し」といったようなことを、宮崎の養鶏業者の方がおっしゃっていましたが、確かに、そうですねぇ。

 だからこそ、取りうる対策をがっちりとらなきゃなんないんだけど。たとえば大型トラックはチェーン必着とか。立ち往生ほど怖いものはないので、ドライバーの皆様、どうか、用心してください。
[PR]
by mushi-1 | 2011-01-31 21:40
<< 接触 God door,KOBE >>