夢にまででてきた

職場引退の翌日の朝、夢にまで出てきた牛丼を作って食べる。

d0163008_21574864.jpg


 あたしゃ、生まれて初めて牛丼の夢を見ましたわ。詳細は、と申しますと、大きい国道の通り沿いに、オレンジ色のY家の看板を発見。

 どうしても食べたかったので、長い行列にちゃんとならび・・・。

ようやく店の前まで来たら、「Y家」じゃなく、「大野家」という看板。

 大野家って、なにさ?でも、牛丼なんだよねぇ、あー牛丼食べたい、と思いながら目が覚めた次第です。

ここでお断り。「大野家」という牛丼屋さんが実在するかどうか、知りませんが、もし実在されても、このわたくしの夢とはあまり関係がないと思いますので、どうか、関係者の方、お気になさらず。

 ということで、たまねぎと肉のシンプルなものですが作って食べたら、おいしかったです。で、調子に乗って今日の昼ご飯も牛丼にしてしまいました。父のうらやましそうな顔がありましたので、次回は2人前作ります。
[PR]
by mushi-1 | 2010-08-02 22:02
<< 読書の夏 カタルシスもしくはデトックス >>